生徒ごとにカリキュラムが組まれる

集団塾と個別指導塾の大きな違いとは?

個別指導塾と集団指導塾の大きな違いとは、先に述べると個別指導塾は個別にカリキュラが組まれその子にあった指導をしてくれます。集団指導塾は、全体のカリキュラムや進み具合が決まっており進むのが早いと感じる子どももいます。どちらも良し悪しがあります。個別指導塾のメリットは、やはりその子にあったカリキュラムがあり進捗もかなりその子に合わせているので時間をかけ、確実に学習を進めることが出来ます。デメリットは、やはり料金です。週1回いくらの計算なので、集団指導塾に比べるとやはり値段は高くなります。集団指導塾のメリットは、値段が安いとこです。集団指導塾だと何教科いくらの計算になるので料金は個別指導塾に比べると安くなります。デメリットは、理解していなくても先に進んでしまうとこです。その子が理解していなくても先に進んでしまうので、子どもの学習意欲を損なう原因にもなります。

生徒ごとにカリキュラムが組まれるとはどういうこと?

前記事でもご紹介いたしましたが、個別指導塾になると生徒一人一人にカリキュラムが組まれます。集団指導塾だと、先に進んでしましい苦手箇所やレベルなどが平均で決められているので子どものスピード感に合わせられないです。しかし、個別指導塾だと生徒一人一人にカリキュラムがありその子どもにあったスピードで進められます。例えば、英語であれば「動詞がわからないから受動態もわからないのね。」といって、そこまで遡って学習をすることが出来ます。生徒ごとにカリキュラムが組まれというのは、その子の苦手箇所を解消してスムーズに学習を進める一つの鍵ということです。カリキュラムを用いて、苦手箇所を削り学習を進めていけます。それが、個別指導塾のカリキュラムです。

冬期講習は冬休みに開かれる講習です。受験生でない場合、その学習内容は1学期と2学期の復習と3学期の予習となることが多いです。