席がブースで区切られていることもある

先生一人が複数人を担当する塾の座席

集団指導塾の教室は一般的な学校と同様に多くの生徒が一人の先生の話を聞けるように机が配置されています。では個別指導塾の教室の机はどうなっているかですが、生徒それぞれが集中して勉強し授業が受けられるようブースで区切るスタイルが多いです。先生一人が複数人を担当する塾では、生徒の前後に仕切りがあり、左右どちらかにも仕切りがあって一方だけ空いた状態になっています。その空いている側に先生が座って授業を行うスタイルになります。授業といっても一人の生徒につききりになるわけではないので、一人の先生が前後や左右の生徒を一定時間ごとに見る形で進められます。先生から課題が与えられたらそれを行い、課題を行っているときは他の生徒の様子を見ると考えればいいでしょう。

マンツーマンはほぼ個室状態で授業を受ける

個別指導塾の種類として完全マンツーマンスタイルと先生一人に数名の生徒を見るスタイルがあります。料金は完全マンツーマンスタイルの方が高くなりますが、先生に常に見てもらえるので学習効果は高いといえるでしょう。マンツーマンで授業を受けるときはどんな環境になっているかですが、ある塾では完全個室で受けられるようになっていました。それぞれの個室ごとに生徒用の机と席があり、前方に先生が説明書きをするための黒板などが設置されています。周りの音も聞こえないのでかなり集中して勉強ができるでしょう。完全個室まではいかないものの周りの様子が見えないようブースで仕切った環境で受けられるところもありますが、多少他の生徒の授業の様子が聞こえるときもあります。

高校受験の個別指導では生徒一人一人の習熟度に合わせた授業ですので、マイペースに勉強をすすめていけるメリットがあります。